<オンライン授業 実施中!!>

現在、当スクールの小学生・中学生はWeb会議用アプリを使用しオンライン双方向Live授業を行っています。授業内容はほぼ通常通りです(小学生はこちら中学生はこちら※ホームページ内紹介ページへジャンプします)。

高校生は予備校映像コンテンツウイングネット(※ホームページ内高校生紹介ページへジャンプします。)を自宅で受講し、
不明点がある場合にはWeb会議用アプリを使用し質問対応を行っています。※4/15(水)よりスタート

いつの時代もどんな時も、状況を変えられるのは“学問”と“人の心”です。

子ども達の学びの歩みを止めるということは、私達世界全体の未来への歩みを止めることに繋がります。

世界のために私達が出来ることは子ども達に継続的な「学び」を提供していくことです。

ご本人達のことを考えても「今」必要な「学び」を得なければ世代ごとの不名誉な通称を付けられることになります。
そんなことはあってはならない上、このままお休みが続けばご本人達の成長に非常に良くない影響があるのは言うまでもありません。

私共は必要とされている方にはいつでも喜んでお力添えさせていただきます。

当初は生徒さんもこちらも不安がありましたが、実際に始めてみると、教室にいるか・自宅にいるかの違いは当然感じるものの、むしろ教科・単元によってはオンラインの方が良いということもあります。

生徒達はやはり適応スピードが速く、画面固定やマイク音量の修正等、我々にアドバイスをくれる程です。
※画面固定=中学2年生の女の子、男の子、ありがとう!
※マイク音量=中学1年生の男の子、ありがとう!

私共としましては自分の姿も画面に映りますので、一人の講師として、立ち居振る舞いから勉強し直す良い機会となっております。

また副産物として、オンラインでも授業があると生徒さん達は(少しだけ?)ストレス解消になっているようです。
やって良かったと思える一言でした。非常に嬉しいです。

それでは!!当スクールの授業風景のご案内です!
※プライバシーの観点から生徒さん達と半目になった講師はボカシ加工をしています。

現在の教育におけるキーワードは課題提出型・遠隔授業型・文科省通知。

あくまで私見で確かな事ではありませんが、これらから総合的に判断すると小・中・高、学年問わず自学自習で履修・単位を認めるということではないでしょうか。来年度の受験制度(中・高・大)や現行及び導入予定学習指導要領を注視し引き続き情報収集に努めたいと思います。

何がどうなっていくのか不確かな状態ではありますが、とにかく、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願って止みません。

「今は柔軟に環境に適応していくこと」が大切です。