メディア・セミナー・講演


(水野裕子さんとの対談記事はページ中央)Web版はこちら

メディア掲載・セミナー登壇・講演の紹介をさせていただきます。

お陰様で各種専門誌への掲載、全国の教育機関(学習塾・予備校・学校・その他教育機関)向けセミナー登壇などの活動が増えております。最近は新聞社様からのお声掛けも頂戴するようになりました。
お陰様と書きましたが誰のお陰か、日頃の生徒さん達の努力・ご家庭のご協力なくして現在の花咲スクールは存在しません。
このページは私共の自慢ではなく、生徒さん達・保護者様方の自慢にしていただきたいと考えております。
在籍中も卒業後も誇りや自慢・自信にしてもらえるよう今後も変わらず愚直に一つ一つ成すべきことを成して参る所存に御座います。

<産経新聞>
2021年1月22日 テレビ欄の下カラー
東日本全地域 58万部(東京本社版)、全コンビニ、売店のある全駅にて販売。
生徒の皆さん、保護者様方、お通いの塾が東日本全地域に紹介されました!お喜びいただけましたら幸いで御座います。
私共は知名度だけの塾は目指しておりませんのでご安心ください。私も現場に出てプロフェッショナルとして日々、改善を指揮してまいります。
学力向上・検定資格取得・志望校合格・心の成長、これからも全力でお手伝いさせていただきます。

2021年1月15日 埼玉県版
2020年12月2日 埼玉県版

お声掛けいただきました創和広告様ありがとうございました。 ※画像クリックでPDFをご覧いただけます。拡大されて解像度が上がるだけです!恐縮です!コロナに負けるな!頑張ろう教育業界!私達が今出来る事を全力で行い、次代に生きる力と希望を育みましょう!!

 


NPO埼玉教育ネット 教材展示会 にて短い時間ですが講演させていただきました。
【NPO埼玉教育ネット】入試ファースト (saitamakyouiku.net)
テーマは「Society5.0 さらに先へ ICTと学習指導要領改訂 次代にどう生きる ~それでも生きねば人間らしく~」

 

 

2020年11月号掲載 ※画像クリックでPDFをご覧いただけます。
民間教育現場の運営責任者を応援するスキルアップマガジン「塾と教育」 – 秋のウイングネットセミナー これからの時代をどう生き抜くか (juku-kyoiku.com)
「塾と教育」とは|民間教育現場の運営責任者を応援するスキルアップマガジン「塾と教育」 (juku-kyoiku.com)

 

11月13日 日本コスモトピア(自立学習ソフトSelfee)セミナー「花咲スクール101教室からリアルタイム配信」
テーマ「コロナ以降の学びとオンラインでの指導」花咲スクールの取り組みと今後のオンライン指導についての持論をお話しさせていただきました。日本コスモトピア|社会を変える学びをデザインする (cosmotopia.co.jp)

 

10月4日 ウイングネットセミナー(ichishinwingnet.co.jp)秋葉原UDXから全国へリアルタイム配信、日本全国から400名の先生方が参加
第1部でお話しさせていただきました。
民間教育現場の運営責任者を応援するスキルアップマガジン「塾と教育」 – 秋のウイングネットセミナー これからの時代をどう生き抜くか (juku-kyoiku.com)

 

COMPANYTANK 2020年11月号花咲スクール紹介ページ(Web版)(国際情報マネジメント有限会社 発行 companytank.jp)※画像クリックでPDFをご覧いただけます。
水野裕子さんにいらしていただきました。気さくとはこの事!というくらい壁が無く優しい方でした。言うまでもなく聡明な方で、鋭い質問ばかり、今後の教育の動向や学習塾の核の部分まで考えが及んでいて非常に驚きました。何故そんなに詳しいのか質問したほどです。事前に当スクールのホームページや学習塾についてお調べになったそうで、頭脳明晰のレベルが違うという結論に至りました。是非またお会いしたい方です。

 

塾ジャーナル 2020年9月号 ウイングネット導入塾紹介

 

 2019年10月号掲載 花咲スクール紹介記事※画像クリックでPDFをご覧いただけます。
「塾と教育」とは|民間教育現場の運営責任者を応援するスキルアップマガジン「塾と教育」 (juku-kyoiku.com)

 

偏にお陰様です。オーナー変更から名称変更までお付き合いいただいたご家庭におかれましては一生感謝の心を持ち続け、必要とあらばおいくつになろうとも助太刀いたします。
なぜか侍になっておりますが、人生とは時にそういうものです。

名称変更まで我儘にお付き合いいただいた元所属先のSS様にも御礼を申し上げます。

最近は授業も出つつ活動の幅を広げておりますのでお母様方から「寝なさい!」とお叱りを受けますが…「寝ません!」だって人生一度きりですから(ある程度は寝ます、私も人間の端くれです)。生徒さん達にとってはそのテストもその受験も一回きりですのでお互い後悔無きよう過ごしていきたいと思っております。さすがに皮膚や骨が痛むほど身体は終わっていますが、皆様からの期待と持ち前のチャレンジ精神を原動力として現場に立ち続けます。たぶん天職なのだろうと、新しい門を開け生徒さん達に未来を見せるためにここにいるのだろうと漠然と感じております。私は苗床であって、私に世界を変えることは出来ません。意志は受け継がれる、きっとそういうことなのでしょう。